リフォームを考えている貴方へ

我が家は数年前に新築物件を購入したため、まだリフォームは必要ないのですが、子供が私と同じ年齢になる頃にはリフォームが必要になってくることと思います。その時慌てないためにも今から少しづつ貯蓄をしておくことと、できる限り丁寧に手入れをしながら生活することがじゅうようなのだと思っています。もう既に数年後にはリフォームを..と考えている方も少なくないかと思いますので、少しではありますが情報をお伝えしたいと思います。リフォームを考えたら・・・「リフォームをしたい」と考えると、「どんなリフォームをしたらよいのか」「誰に頼んだらよいのか」など、様々な疑問がでてくると思います。ここでは、リフォームを検討するときに知っておきたい、基礎的な情報についてご紹介します。リフォームとは、今、住んでいる住宅の改築や改装、特に内外装の改装を差す和製英語。英語で一番近い表現は、“redecoration”である。英語の“reform”は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」を意味する「改築」に相当する語は“remodel”である。また、最近の建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」(ReHome)と明記しているところもある。
住宅リフォームの主なものとしては雨漏りなどの修繕 外壁の取り替え 住宅設備(キッチン、浴室などの水周り主体)の取り替え、補修 今の住宅の床面積を増やす(これを増築と称する) 今の住宅の床面積を増やさずに中の間取りを変える(これを改築と称する) 省エネルギー性能の強化(ペアガラスサッシなど) 耐震性の強化(補強工事など) バリアフリー対応化他が挙げられる。一般的には、近在の信用できる工務店を中心にした業者に内容を打ち合わせ、積算、見積もりをもらって工事を依頼することになる。基本的に一品物対応になるため部材の価格は比較的高めになる。また、現物合わせの作業を精度良く行うために「職人の技」と呼ばれるような熟練作業が必要となり、小規模な改装であっても意外に高くつくことも多い。例えばユニットバス取り付け工事では、ユニットバス自体は工業量産品のため価格は明瞭であるが、それを現物合わせで取り付ける作業は意外と手間取り作業費がかさむことも多くなる。熟練の大工さんなどの個人業者では、ユニットバス自体を定価で見積もりユニットバス販売である程度の利益を見込んでいるので、作業工数が予定をオーバーすることがあっても、きっちり仕事をして貰えることが多い。工事会社は、費用負担の最も多い設備機器等に利益を載せるケースが多いため、最近では施主が材料を安価で調達し、工事会社へ支給する「施主支給」というシステムを利用し施工するケースも増えてきている。なお、住宅リフォームを行う場合、築年数やリフォーム業者、リフォーム内容など、条件によっては自治体から補助金が支給される場合がある。
●住宅に係る耐震改修促進税制
耐震改修を行った場合の所得税・固定資産税に関する特例借置が設けられています。
●住宅のバリアフリー改修促進税制
バリアフリー改修工事を行った場合の所得税・固定資産税に関する特例借置が設けられています。
●省エネ改修促進税制
省エネ改修工事を行った場合の所得税・固定資産税に関する特例借置が設けられています。
●耐震やバリアフリー改修の補助制度
耐震やバリアフリー改修などの補助制度を設けている地方公共団体もあります。
●介護保険による支給
介護保険では、介護のための住宅改修に用意された費用支給制度があります。 手すりの取り付けや段差の解消など、体の不自由な人が住まいを暮らしやすくするためのリフォームが対象で、限度額は20万円(自己負担1割を含む)です。
●融資制度
地方公共団体や金融機関では、リフォーム用の融資制度が用意されているところがあります。 必要に応じてそれぞれの窓口に問い合わせて、融資の条件、返済方法、金利などについて事前によく説明を受け、無理のない融資を受けましょう。 リフォームを検討している場合、自治体(市役所)に相談すると良い。
◇リフォームした人の声◇
押し付けや、リフォームする人にとって無駄な工事を勧めてこないか?無駄な工事を勧めず、将来のことを見据えたアドバイスをくれるのが優良会社。リフォームする側の都合や、予算を考えアドバイスをすることがプロの仕事です。けっして要望を全て鵜呑みにすることが、良い会社というわけではありません。 建築の専門用語などは素人にはわかりにくいもの。確かな技術のある会社は、質問にもわかりやすく答えてくれます。施工店におまかせにするのではなく、納得がいくまで説明してもらうべきです。 良い施工会社は、プランに沿って具体的で丁寧な見積もりをしてくれるもの。丁寧な見積は基本です。住宅に携わるということは、お客様に限らず、施工会社にとっても一生ものです。お客様が一生お住みになられるのだから。 特にリフォームの場合は、しっかりした技術と実績があってこそ信頼関係を築くことが可能になります。お客様のことを考え、今後もお付き合いを続けていくために行動できる誠実な会社だからこそ、価値観を共有し、限られた予算内で、お客様のライフスタイルにぴったりなプランを提案することができます。

リフォーム経験者の話

親身になって細かいところまで打ち合わせを重ねてくれるような施工業者を選びましょう。水回りのリフォームはオプションをつけるとどんどん値が張って気づいたら100万円単位の予算オーバーなんてこともありますから慎重にいきたいですね。内装や間取りなどリフォームするとまるで新築のように綺麗になって気持ちがよく今ではリフォームして良かったとつくづく思っています。

学ぶ

まずはリフォームについてきちんと調べてから段取りをはじめましょう。何も知らないで施工業者を決めてしまうと後々トラブルになったり、後悔してしまうことがあります。リフォームについてのポイントや情報など、インターネットで多くのサイトが取り上げています。このようなサイトを利用して正しい知識を身に付けましょう。

見る

施工業者を選択する上で、検討材料の一つに技術というところがあるかと思います。料金はもちろんですが、この技術というのもおろそかにはできません。リフォーム業者の中には実際に施工した物件を見せてくれるところや、ホームページに施工事例を掲載しているところが多くありますので参考にしてみると良いでしょう。

耐震

東日本大震災以降、老朽化の進んだ建物の耐震補修・改修工事が盛んに行われています。学校や商業ビルなどもそうですが、住宅も例外ではありません。古い建築基準で建てられた住宅はやはり見直しが必要で、今後予想される関東・東海の大地震に備える必要があります。診断には料金がかかるのが一般的ですが、命には替えられませんので、ぜひこの機会にお願いしてみましょう。

140 6/4

Copyright © All rights reserved.リフォームを考えている貴方へ.